給食について


学校給食は、教育の一環として特別活動に位置付けられています

学校給食の目標
(1)適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
(2)日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、望ましい食習慣を養うこと。
(3)学校生活を豊かにし、明るい社交性及び共同の精神を養うこと。
(4)食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
(5)食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
(6)我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
(7)食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

学校給食の栄養
小学校の6年間は、成長盛んな時期です。特にバランスのとれた食生活が大切です。学校給食では、子どもたちが1日に必要な栄養量の1/3がとれるようになっています。また、家庭でとりにくいカルシウムは必要量の1/2がとれるようになっています。

食事の内容
主食(ごはん・パン・めん)、牛乳、おかず(主菜・副菜)を組み合わせた栄養バランスのとれた食事です。
日本型の食生活を大切にして、昔から伝わる行事食や郷土料理を取り入れています。
旬の食材を使い、季節の味と自然の味を大切にしています。
脂質の取りすぎを防ぐため、一食に占める脂肪の割合が25〜30%以内になるように献立をたてています。
豆類やいも類、野菜など家庭で摂取しにくい食品を多く使用しています。
食品添加物や遺伝子組み換え食品などについては、できるだけ使用せず、安全な食品を利用しています。
ご飯は埼玉県産米を、うどんや一部のパンは埼玉県産小麦粉を使用しています。

給食費と回数
○ 給食費は、1ケ月4,100円です。(年11回徴収・1食244円)

 1年生は、4月のみ2,880円です。
○ 給食費は、すべて食材料費に使用します
○ 給食回数は、年間185回です。(1年生は180回)
○ 給食費の減額は、連続5日を越えて欠食の場合は減額となります。
   連続5日以内の欠食は減額なし。(家庭より申し出の翌々日より減額可)

給食室より連絡・お願い
月末に献立表・給食だよりを配布します。(親子で見て確認してください)
食物アレルーギー対応として、使用食材を献立表に細かく入れてあります。
朝食は、しっかりと食べさせる習慣をつけてください。
朝食は、しっかりと食べさせる習慣をつけてください。